スマホ通信業界最安値!DMMモバイルについて知っておきたい10のポイント

  • Pocket

dmm

大手携帯キャリアの『2年縛り』や高額な料金にうんざりしている方は格安SIMのサービスが魅力的に映っているはず。なかでもDMM mobileは月額最安値保証を掲げ、業界で頭角を表し始めています。

今回は格安SIMを検討されている方に向けて、DMM mobileの知ってもらいたい10のサービスをお伝えいたします。月額料金、通信速度、キャンペーンなど、気になるDMM mobileの情報をまとめました。



↓↓iPhoneやAndroidに乗り換えるなら!↓↓




↑↑どこよりも高いキャッシュバックを保証してくれます!↑↑

月額料金はMVNO業界最安値保証

データ通信量 他社 DMM mobile
ライト(200kbps) 525円 440円
1GB 600円 480円
2GB 770円 770円
3GB 840円 850円
5GB 1,520円 1,210円
7GB 該当なし 1,860円
8GB 2,410円 1,980円
10GB 2,200円 2,190円
15GB 該当なし 3,600円
20GB 該当なし 4,980円

上の図はDMM mobileと他社のデータ通信料金を比較したものです。
「全てのプランで他社よりも安い月額料金に挑戦する」とDMM mobileが公言しているとおり、多くのプランで業界最安値が設定されています。ニーズが多そうな通信量5GB以上も他社よりも割安です。

格安SIM会社は料金体系が頻繁に更新されており、DMM mobileも都度アップデートを図っているようです。

選べる料金プランが豊富

はじめにご紹介した図表を見てもらえるとわかるように、DMM mobileは料金プランの選択肢が豊富に取りそろえられています。15GB、20GBの大容量プランも用意されており、通信料がかさむ動画再生も不安なく楽しめそうです。

契約後にプランを変更したいときも、24日までに変更を申し込めば翌月1日から変更後のプランが適用されます。まずは少なめの通信プランから試してみることもできますし、思ったよりもデータ通信を使用しなければ少量通信プランに変更することも容易にできます。

余ったデータ通信量は翌月に繰り越せる

余ったデータ通信量は翌月に繰り越せる
出典:http://mvno.dmm.com/about/charge.html

DMM mobileはプラン内で余ったデータ容量を翌月に繰り越すことができます。例えば、前月で500MBの余りがあれば、翌月は契約中のデータ通信量+500MBを制限容量として使用できます。
データの追加チャージをしたときも、使いきれなかったデータ容量は翌月に繰り越されるため無駄なく利用できるのがうれしいポイントです。

低速時でも快適にweb通信できるバースト転送

低速時でも快適にweb通信できるバースト転送
出典:http://mvno.dmm.com/about/burst.html

基本プランのデータ通信量を使い切ってしまった場合、速度制限が掛かるのはDMM mobileも同じですが、DMMにはバースト転送という機能があります。
バースト転送は低速状態でも通信スタート時に一定量の高速読み込みを行う機能です。ニュースサイトなど、テキストを中心とした軽いwebページであれば待ち時間のストレスなく表示できます。

利用料金の10%をDMMポイントで還元

利用料金の10%をDMMポイントで還元
出典:http://mvno.dmm.com/campaign/index.html

毎月の利用料金に応じて10%がDMMポイントとして還元されます。支払いっぱなしではなく、付加価値としてポイントを付けてもらえるのは悪くない気分です。

キャンペーンがほとんどない

キャンペーンがほとんどない

ここからはデメリットとなり得るポイントをお伝えします。

DMM mobileは契約キャンペーンをほとんど実施していません。プランだけで比較すればDMM mobileは業界最安値となるように設定されていますが、キャンペーンを含めると他社のほうが安くなる可能性があります。

例えば、熱心にキャンペーンを実施しているのが楽天モバイルです。初月の利用料金無料、楽天モバイルで通話SIMを申し込めば楽天市場での買い物が何回でもポイント2倍など、楽天をよく利用する方に相性の良いキャンペーンが充実しています。

かけ放題プランがない

DMM mobileには音声通話のかけ放題プランがありません。通話料金を半額にできるアプリ「DMMトーク」を利用できますが、無料通話がないのは電話を掛けることが多い方にとってはデメリットとなります。

途中解約した場合には手数料が発生

途中解約した場合には手数料が発生

DMM mobileは通話SIMプランを申し込んで13カ月以内に解約した場合、解約手数料9,000円を支払う必要があります。多くの格安SIM会社と同様ですが、契約する際は慎重に行うようにしましょう。

DMMポイントの有効期限は1カ月

利用料の10%がDMMポイントとして還元されるのはメリットですが、ポイントの有効期限が発効日から1カ月間と短いです。意識して使わないと、あっという間に失効してしまいます。

DMMポイントの利用用途が少ない

DMMポイントの利用用途がDMMが提供しているサイトの動画やゲーム、電子書籍などの購入に限られています。DMMのサービスをあまり利用していない方はポイントを使う機会に恵まれないかもしれません。

DMM mobileがオススメなのはこんな方

DMM mobileについて知っておきたい10のポイントをご紹介しました。まとめると、DMM mobileは次の事柄に当てはまる方にオススメします。

  • スマホの月額料金を節約したい
  • ポイントよりも実料金で還元してほしい
  • 音声通話はほとんど使わない
  • DMMの動画サービスやゲームを利用している(いま現在、関心がある)

1つでも当てはまる方はDMM mobileへの乗り換える価値があるかもしれません。ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。



【ソフトバンク携帯のりかえでどこよりも高いキャッシュバックを保証します!】
【ソフトバンクのiPhone7、スマホを購入したい方はこちら】
【auのiPhone7、スマホを購入したい方はこちら】
【ドコモのiPhone7、スマホを購入したい方はこちら】

販売店比較早見表

キャッシュバック金額の目安

                                           詳細

おとくケータイ.net

20,000〜50,000円(最高額を保証してくれます)

  • オンライン完結でテナント費がない分、キャッシュバック金額が大きい
  • webだけではなく電話やメールで相談もできるので安心
  • キャッシュバック最高額を保証してくれる
  • ソフトバンクに乗り換えるなら最もお得

ソフトバンクオンラインショップ

ドコモオンラインショップ

au Online Shop

キャリア公式オンラインショップ

0〜20,000円

  • 各キャリア公式のためiPhone7含め人気機種の在庫が豊富
  • 24時間対応でオンライン完結のため時間をとられない
  • オンラインショップ限定キャンペーンもあり、プランも自由に選べるため料金を安くできる
  • キャリアを乗り換えない機種変更なら一番お得

モバワン, カメラのキタムラなど

併売店

0〜20,000円

  • 端末を下取りに出さないとキャッシュバックがないなど条件がある
  • 有料オプションに加入させられる場合が多い
  • 店舗によって条件が大きく異なる

ヤマダ電機, ビックカメラなど

家電量販店

0〜20,000円

  • ケースや保護フィルムなどアクセサリが豊富
  • キャッシュバックは現金ではなくポイントの場合が多い
  • 店員や交渉力に左右される

ソフトバンクショップ, auショップ, ドコモショップ

専売店

0〜20,000円

  • 不要なオプション加入など営業をされる
  • キャッシュバックは出ない場合が多い
  • 混雑しているため非常に時間がかかることがある
  • 店員の質にばらつきがある