ガラケー派必読!どの携帯会社が一番安い?

  • Pocket

ガラケー

iPhoneの登場以来、携帯市場はスマホが主流になっています。
その煽りを受けてジワジワとシェアを落としてきたのがらフィーチャーフォン(所謂、ガラケー)です。
しかし、ガラケーは未だに一定のシェアを誇っています。

その理由として、

「メールと電話だけできればいい」
「スマホはどんなに料金プランを安く設定したとしても、
ガラケーの料金に比べたら高額だ」
「片手でメールできるのが便利」
「電話しやすい」
「ネットの閲覧はパソコンやタブレットでできる。携帯にまでパソコンのような機能は必要ない」

などが挙げられます。

メールと電話はガラケー、ネットはタブレットを利用するというユーザーも多いでしょう。

今回は、そんなガラケー派の皆さまの為に、
お得な3社電話料金の比較情報をお届けします。

いずれも通話料金+定額パケットプランを設定した場合で計算しました。

3社ともに、

基本料金プラン + インターネット接続基本料 + パケット定額サービス

が料金体系の基本となっています。

1.ソフトバンク

ソフトバンクの最安プランです。

1-1.ホワイトプラン + ウェブ使用料 + パケットし放題S

これに実際の金額を当てはめてみます。

【ホワイトプラン:934円+ウェブ使用料:300円+パケットし放題S:372円 合計1,606円】

通話は、ソフトバンク同士の通話ならば料金が発生しませんが、それ以外の相手先への通話料は別途必要になります。
また、パケット定額の上限額は4,200円です。
通話料やデータ通信料に関しては、知らず知らずのうちに使いすぎていたということにならないよう注意が必要です。

1-2.ソフトバンクの割引キャンペーン

・おうち割 でんきセット(東京電力エリア)

「ソフトバンクでんき」とのセットで2年間300円が割引かれます。

2.au

auの最安プランです。

2-1.プランEシンプル + EZWINコース + ダブル定額スーパーライト

これに実際の金額を当てはめてみます。

【プランEシンプル:743円+EZWINコース:300円+ダブル定額スーパーライト:372円 合計1,415円】

こちらにも無料通話分は含まれておらず、au同士の通話も無料ではありませんので、通話した分の通話料がかかります。

また、ソフトバンク同様、パケット定額の上限額は4,200円なので、こちらもまた通話料、データ通信料に注意が必要です。

ですから、「プランEシンプル」ではなく、「プランZシンプル」か「プランSSシンプル」での契約をお勧めします。

2-2.その他のauの通話プラン

・プランZシンプル

基本の利用料が934円になりますが、プランZシンプルはau同士の通話が無料になります。

・プランSSシンプル

基本の利用料が934円になりますが、無料通話分が1,000円がついてきます。
※こちらのプランはau同士の通話も通話料がかかります。

すると、上記契約の「プランZシンプル」「プランSSシンプル」どちらかで契約をすると、

934円+ 300円 + 372円 = 1,606円

となり、ソフトバンクと同じ料金になります。

3.ドコモ

NTTドコモの最安プランです。

3-1.バリュープランSS + iモード + パケホーダイダブル

【バリュープランSS:934円+iモード:300円+パケホーダイダブル:372円 合計:1,606円】

バリュープランSSには1,000円分の無料通話がついていますが、ドコモ同士の無料通話はなく、かけた分だけの通話料がかかります。また、ソフトバンク、au同様にパケット定額の上限額は4,200円です。

3-2.その他のドコモの通話プラン

・カケホーダイプラン(ケータイ)

国内通話が24時間無料のプランです。

カケホーダイプラン(ケータイ)の基本使用料となります。

月額基本使用料  2,200円

・カケホーダイライトプラン(ケータイ)

5分以内の通話が無料になるプランです。

ドコモ ケータイで通話が少なくデータ通信が多い方向けのプランです。

カケホーダイライトプラン(ケータイ)の基本使用料となります。

月額基本使用料  1,200円

・シンプルプラン(ケータイ)

家族内通話が無料になるプランです。

月額基本使用料  980円

シンプルプランは2017年5月24日受付開始予定です。
カケホーダイプランやカケホーダイライトプランからの変更の場合は、2017年6月1日適用開始となります。

通話を受けることの多い方向けのシェアパック専用プランです。
※シンプルプラン(ケータイ)ご契約の場合は、セットでパケットパック(シェアパック)のご契約が必要となります。

3-3.ドコモの最安は実は743円のプラン?

メールやインターネットを全くしない場合、docomo(FOMA限定)ではシンプルバリューがもっとも安くなります。

家族間の通話は無料というところもポイント。

タイプSS バリュー同様、ファミ割MAX50、またはひとりでも割50を組み合わせることで、月額料金(基本使用料)が743円になります。

タイプシンプル バリューはタイプSS バリューとは違い、無料通話分がないところは注意が必要です。

キャリアメール等は使えませんが、ショートメールは使用できます。

基本料金 743円 + ユニバーサル使用料2円 = 745円(税別)

もっとも安いプランではないでしょうか?

4.ガラケーの将来と注意点

以上の通り、単純計算で一番安いのはdocomoの745円でした。

しかし、これはあくまでもメールもインタネットも使わず、無料通話がついていない最低維持費と考えてください。
無料通話が1,000円分ついているなら1,606円が最安となります。

また、キャリア同士が無料になるプランの最安も1,606円となります。

最後に、ガラケーユーザーにとっては残念なニュースの紹介です。2015年4月に、ガラケーの生産を2017年以降中止にするという報道がされました。ガラケーの生産を終了しても使用ができなくなるという事ではなく、修理等のサポートも今後しばらく継続されます。

しかし、auのソフトバンクの両社は、近い将来には3Gを廃止したいという意向があるようです。3Gにしか対応していないガラケーでは、物理的にはネット通信をする事は不可能になるという事です。

ガラケーの代わりに、スマホの機能を搭載しLTEを利用した「ガラホ」が登場しています。

今現在は、ガラケーのような安価なプランはありませんが、ガラケーが無くなる頃には安く利用できるプランも登場するかもしれません。

2017年現在、ガラケーのプランは各社まだ残っていますが、端末自体は在庫次第のようです。

例えばauはすでにガラケーの生産を終了していて市場にあたらしいガラケーはほぼ無いようです。

ですので、契約する場合は中古で古いau携帯を持参する必要があります。
また、docomoはらくらくホンなどがまだありますので新規購入は可能のようです。

5.まとめ

・メールもインターネットも全くしない。通話料は普通にかかるが、家族間のみ無料⇒docomo(745円)

・メールもインターネットも全くしない。通話は1,000円分ついてくる⇒docomo(936円)

・メールはやるがインターネットを全くしない。通話料は普通にかかる⇒au(1,415円)

・メールはやるがインターネットは全くしない。通話は1,000円分ついてくる⇒docomo、au、ソフトバンク(1,605円)

・メールもインターネットもやる⇒ガラホがおすすめ

注意するべき点は、メールもインターネットもやらなければ、docomoは745円でガラケーを維持できます!

料金プランが複雑ですので、気づきにくいのですが、参考にしてみてください。

【ソフトバンク携帯のりかえでどこよりも高いキャッシュバックを保証します!】
【ソフトバンクのiPhone7、スマホを購入したい方はこちら】
【auのiPhone7、スマホを購入したい方はこちら】
【ドコモのiPhone7、スマホを購入したい方はこちら】

販売店比較早見表

店舗名

                                           詳細

おとくケータイ.net

キャッシュバック最高額を保証してくれます

  • オンライン完結でテナント費がない分、キャッシュバック金額が大きい
  • webだけではなく電話やメールで相談もできるので安心
  • キャッシュバック最高額を保証してくれる
  • ソフトバンクに乗り換えるなら最もお得

ソフトバンクオンラインショップ

ドコモオンラインショップ

au Online Shop

キャリア公式オンラインショップ

  • 各キャリア公式のためiPhone7含め人気機種の在庫が豊富
  • 24時間対応でオンライン完結のため時間をとられない
  • オンラインショップ限定キャンペーンもあり、プランも自由に選べるため料金を安くできる
  • キャリアを乗り換えない機種変更なら一番お得

ソフトバンクショップ, auショップ, ドコモショップ

  • 不要なオプション加入など営業をされる
  • キャッシュバックは出ない場合が多い
  • 混雑しているため非常に時間がかかることがある
  • 店員の質にばらつきがある