ガラケー派必読!どの携帯会社が一番安い?

  • Pocket

ガラケー

iPhoneの登場以来、携帯市場はスマホが主流になっています。
その煽りを受けてジワジワとシェアを落としてきたのがらフィーチャーフォン(所謂、ガラケー)です。
しかし、ガラケーは未だに一定のシェアを誇っています。

その理由として、

「メールと電話だけできればいい」
「スマホはどんなに料金プランを安く設定したとしても、
ガラケーの料金に比べたら高額だ」
「片手でメールできるのが便利」
「電話しやすい」
「ネットの閲覧はパソコンやタブレットでできる。携帯にまでパソコンのような機能は必要ない」

などが挙げられます。

メールと電話はガラケー、ネットはタブレットを利用するというユーザーも多いでしょう。

今回は、そんなガラケー派の皆さまの為に、
お得な3社電話料金の比較情報をお届けします。

いずれも通話料金+定額パケットプランを設定した場合で計算しました。

3社ともに、

基本料金プラン + インターネット接続基本料 + パケット定額サービス

が料金体系の基本となっています。

併せてガラケーの形状をしたスマホ、「ガラホ」もみていきましょう。

1.ソフトバンク

ソフトバンクの最安プランです。

1-1.ホワイトプラン + ウェブ使用料 + パケットし放題S

これに実際の金額を当てはめてみます。

【ホワイトプラン:934円+ウェブ使用料:300円+パケットし放題S:372円 合計1,606円】

通話は、ソフトバンク同士の通話ならば料金が発生しませんが、それ以外の相手先への通話料は別途必要になります。
また、パケット定額の上限額は4,200円です。
通話料やデータ通信料に関しては、知らず知らずのうちに使いすぎていたということにならないよう注意が必要です。

1-2.ソフトバンクの割引キャンペーン

・おうち割 でんきセット(東京電力エリア)

「ソフトバンクでんき」とのセットで2年間300円が割引かれます。

1-3.ガラホってなに?

ここからは、ガラホの料金体系をみていくのですが、その前にガラホとは一体何か、スマホと何が違うのか、簡単に振り返ります。

ガラホとは?

ガラホとは、ケータイの形状や操作方法はそのままで、
スマートフォンの高機能を備えた、いいとこ取りの製品です。

ケータイと同じく折りたたみ式でテンキーや十字キーが使えるので、ケータイの操作感ほぼそのまま!さらに「LINE」やネット検索を自在に楽しめるほか、今までスマートフォンでしか利用できなかったサービスを楽しむことができます。

ようするに、ガラケーの形状をしたスマホがガラホになります。
ガラケーとの違いはアプリやインターネットもスマホと同様に利用することができる点。

なんといってもスマホより維持費が安いといわれています。

・「LINE」を自在に楽しめる点もポイントが高いです。
いつでも無料で好きなだけ通話やメールが楽しめるコミュニケーションアプリ「LINE」を利用できます。

・4G LTE対応でインターネットも快適に使える!
ケータイサイトではなく、スマートフォンやパソコンでおなじみのWebサイトを見ることができます。

・ケータイよりクリアな通話音質!
VoLTE対応する機種を利用することで音声周波数帯域が拡大。さらにクリアな音質で通話できます。

・Wi-Fiも使える!
Wi-Fiにつないで、インターネットに接続できるので、気になるデータ通信料を抑えることができます。

1-4.ガラホの料金体系は?

601sh_RGR_m

ソフトバンクのガラホはどういった料金体系なのでしょうか?
2016年発売の「AQUOS ケータイ2」を例に出して説明していきましょう。

・AQUOSケータイ2の機種代金は?

機種変更なら実質月490円
新規・MNPなら実質月0円

となります。

・基本料は?

基本使用料はホワイトプラントなり月々1,008円[934円]/月

ホワイトプランとは?
2年契約で基本使用料934円/月の料金プランです。午前1時から午後9時まではソフトバンク同士は国内通話し放題となります。

・パケットサービスは?

パケットし放題S for 4G ケータイ 0円[0円]/月~4,500円

パケットし放題S for 4G ケータイとは?
定額料0円/月から始められる上限4,500円/月の4G ケータイ向けパケット定額サービスです。

・下取りプログラムは?

下取りプログラムは適用できません。

機種代金490円 + 基本使用料1,008円 + パケット料金0円[0円]/月~4,500円 + ウェブ使用料324円 =1,822円~6,322円

ウェブを抑えることで、1,822円からガラホを持つことが可能となります。
乗り換え・新規の場合はそれぞれ―490円となります。

・ソフトバンクで扱っているガラホは?

(1)AQUOS ケータイ2

fig_quick-open

人気のAQUOSケータイの最新機種です。ワンプッシュでオープン。高音質でかんたん、快適通話
ワンプッシュでクイックオープンします。
着信時、ワンプッシュで本体を開くとかんたんに通話ができ、電車内や会議中に着信があった際、マナーモードにし忘れていても本体を開くと着信音を消すことができます。

ガラケーの良さを集結させた、大本命です。

(2)AQUOS ケータイ

fig_line

きれいで見やすい大画面で、通話もメールも使いやすいのが特徴です。

約3.4インチ クォーターHD液晶を採用していて、従来機種に比べ画面サイズは約1.4倍、解像度は約2倍になった約3.4インチの大画面ディスプレイを搭載しました。

文字や画像もより大きく見やすい表示になりましたので、視力が弱い方にも優しいガラホです。

(3)DIGNO® ケータイ

fig_an-shock

特徴のひとつとして、聞き取りやすいクリアな音声機能があります。

高音質通話 VoLTEを採用しており、
従来の音声ではカットされていた高音域の音声成分を含むため、音がこもらずクリアで聞き取りやすい通話を実現します。

ガラケーの良さである通話音質にこだわったガラホです。

2.au

auの最安プランです。

2-1.プランEシンプル + EZWINコース + ダブル定額スーパーライト

これに実際の金額を当てはめてみます。

【プランEシンプル:743円+EZWINコース:300円+ダブル定額スーパーライト:372円 合計1,415円】

こちらにも無料通話分は含まれておらず、au同士の通話も無料ではありませんので、通話した分の通話料がかかります。

また、ソフトバンク同様、パケット定額の上限額は4,200円なので、こちらもまた通話料、データ通信料に注意が必要です。

ですから、「プランEシンプル」ではなく、「プランZシンプル」か「プランSSシンプル」での契約をお勧めします。

2-2.その他のauの通話プラン

・プランZシンプル

基本の利用料が934円になりますが、プランZシンプルはau同士の通話が無料になります。

・プランSSシンプル

基本の利用料が934円になりますが、無料通話分が1,000円がついてきます。
※こちらのプランはau同士の通話も通話料がかかります。

すると、上記契約の「プランZシンプル」「プランSSシンプル」どちらかで契約をすると、

934円+ 300円 + 372円 = 1,606円

となり、ソフトバンクと同じ料金になります。

2-3.ガラホの料金体系は?

mb-x01_img_09

 

auのガラホはどういった料金体系なのでしょうか?
auのガラホは、月々1,500円からでケータイ並みの料金で使えます。
2017年発売の「TORQUE X01」を例に出して説明していきましょう。

・TORQUE X01の機種代金は?

機種変更なら実質月600円
新規・MNPなら実質月600円

となります。

・基本料は?

基本使用料はスーパーカケホ(ケータイ)1,200円/月

スーパーカケホ(ケータイ)は2年単位で自動更新となります。途中解約などの場合、契約解除料(9,500円)がかかります(更新期間を除く)。

スーパーカケホ(ケータイ)とは?
「スーパーカケホ(ケータイ)」は「ダブル定額Z(ケータイ)」もしくは「データ定額1/3/5(ケータイ)」とのセットでのご加入が必要です。(「ダブル定額(ケータイ)」との併用はできません。)
データ定額2(ケータイ)との組み合わせはできません。
1回5分以内の国内通話がかけ放題となります。

・パケットサービスは?

ダブル定額Z(ケータイ) 0円[0円]/月~4,200円

ダブル定額Z(ケータイ)なら、データ通信料が0円からはじめられることが出来ます。
LINEやメールなど使った月でも、上限額が決まっているので安心です。

・下取りプログラムは?

下取りプログラムを利用することができます。

機種代金600円 + 基本使用料1,200円 + パケット料金0円[0円]/月~4,200円 + ウェブ使用料300円 =2,100円~5,700円

・auで扱っているガラホは?

(1)MARVERA KYF35(2017年8月中旬以降発売予定)

kyf35_color_01

注目のポイントは、1,700mAh大容量バッテリーと、安心の防水、防塵、耐衝撃を長けたところ。

電池切れの不安を解消するために、ガラホとしては特大の1,700mAh大容量&長寿命長持ちバッテリーを搭載しました。また、消費電力を抑えるエコモードにも対応し、長時間の利用が可能です。さらに バッテリーケアモードによる充電設定の最適化で、バッテリーにかかる負荷を軽減し、電池の劣化を防ぎます。

長く使えるバッテリーはガラホにおいても重要なポイントですね。

テレビde写真により家族や友人から送られてきた写真、ケータイで撮影した写真などをテレビの大きな画面に表示し、鑑賞することができます。

アウトカメラには約1,300万画素カメラを搭載しました。

「像面位相差オートフォーカス」によりピント合わせが速く、素早い動きにも対応します。また、「オートダイナミックレンジ補正」で明るさを自動的に補正。さらに手ブレ補正で、くっきりキレイな写真が残せます。

スマホに負けない画質を表現できるのはうれしい限りです。

(2)かんたんケータイ KYF36

kyf36_color_01

「かんたん」の名は伊達ではありません。でか文字&でか時計に対応した、はっきり見やすいディスプレイは目に優しいです。

大きな表示で見やすく、使いやすく、待受画面では、電池の残量や電波の状態などを大きなアイコンで表示します。もちろん大きな文字サイズで時計表示も可能です。3.4インチ高精細大画面ディスプレイで、くっきりキレイに表示します。

またワンタッチキーを搭載しており、よく使う連絡先や機能を登録できる専用キーを装備。
専用キーはとても押しやすく設計されており、大きな文字と高いコントラストで見やすさも追求しました。
スライド式電源スイッチにより、「入」「切」の切り替えがしやすいのも好印象です。

(3)TORQUE X01

x01_color_01

 

とにかく強度に拘ったある意味「最強のガラホ」です。
1.8m落下の耐衝撃など18項目の試験をクリアした高耐久性能ガラホです。

米国国防総省が定める耐久試験MIL-STD-810Gの18項目に準拠し、京セラ独自の高さ1.8mからの鉄板・コンクリートへの落下試験もクリアした高耐久性能を実現しました。

頑丈さはアウトドアでも実力を発揮します。
アウトドアで役立つ多彩なセンサーアプリには以下の機能を搭載しました。

OUTDOOR PORTALでは天気や気圧、温度などアウトドアで必要な情報を確認できます。サブディスプレイにも表示できます。

4G LTEの圏内・圏外の切り替わりを読み上げる機能を実現した【圏内・圏外通知機能】も装備しています。
※ご利用環境や使用状況により電池持ちが低下する場合があります。

3.ドコモ

NTTドコモの最安プランです。

3-1.バリュープランSS + iモード + パケホーダイダブル

【バリュープランSS:934円+iモード:300円+パケホーダイダブル:372円 合計:1,606円】

バリュープランSSには1,000円分の無料通話がついていますが、ドコモ同士の無料通話はなく、かけた分だけの通話料がかかります。また、ソフトバンク、au同様にパケット定額の上限額は4,200円です。

3-2.その他のドコモの通話プラン

・カケホーダイプラン(ケータイ)

国内通話が24時間無料のプランです。

カケホーダイプラン(ケータイ)の基本使用料となります。

月額基本使用料  2,200円

・カケホーダイライトプラン(ケータイ)

5分以内の通話が無料になるプランです。

ドコモ ケータイで通話が少なくデータ通信が多い方向けのプランです。

カケホーダイライトプラン(ケータイ)の基本使用料となります。

月額基本使用料  1,200円

・シンプルプラン(ケータイ)

家族内通話が無料になるプランです。

月額基本使用料  980円

シンプルプランは2017年5月24日受付開始予定です。
カケホーダイプランやカケホーダイライトプランからの変更の場合は、2017年6月1日適用開始となります。

通話を受けることの多い方向けのシェアパック専用プランです。
※シンプルプラン(ケータイ)ご契約の場合は、セットでパケットパック(シェアパック)のご契約が必要となります。

3-3.ドコモの最安は実は743円のプラン?

メールやインターネットを全くしない場合、docomo(FOMA限定)ではシンプルバリューがもっとも安くなります。

家族間の通話は無料というところもポイント。

タイプSS バリュー同様、ファミ割MAX50、またはひとりでも割50を組み合わせることで、月額料金(基本使用料)が743円になります。

タイプシンプル バリューはタイプSS バリューとは違い、無料通話分がないところは注意が必要です。

キャリアメール等は使えませんが、ショートメールは使用できます。

基本料金 743円 + ユニバーサル使用料2円 = 745円(税別)

もっとも安いプランではないでしょうか?

3-4.ガラホの料金体系は?

 

ドコモのガラホはどういった料金体系なのでしょうか?
2016年発売の「AQUOSケータイ」を例に出して説明していきましょう。

mv_02

・AQUOSケータイの機種代金は?

機種変更なら実質月0円
新規・MNPなら実質月0円

となります。

・基本料は?

基本使用料はカケホーダイライトプラン(ケータイ)になり月々1,200円/月

カケホーダイライトプラン(ケータイ)とは?
ドコモ ケータイで通話が少なくデータ通信が多い方向けのプランです。
インターネットをご利用いただくためには、spモード(300円/月)などのご契約が必要となります

・パケットサービスは?

ケータイパック300円/月~4,200円

ケータイパックとは?
ケータイパック(2GB)は、ドコモ ケータイをご利用の方向けの2段階パケット定額サービスになります。

・下取りプログラムは?

下取りプログラムを利用することができます。

機種代金0円 + 基本使用料1,200円 + パケット料金300円]/月~4,200円 + SPモード使用料300円 =1,800円~6,700円

機種変更・乗り換え・新規ともに1,800円でガラホを持つことが可能となります。データも2G使えるのでお勧めです。

・ドコモで扱っているガラホは?

(1)AQUOS ケータイ

mv_01

 

ガラホでもっとも勢いのある使いやすい電話「AQUOS」です。

使いやすい電話・メールとあんしん機能を搭載しました。
また、高音質通話を実現するVoLTEに対応したことにより通話音質も向上。

さらに「でかレシーバー」機能の搭載で聞き取りやすさもアップしています。あやしい電話は「代理応答」で相手を確認できるという便利機能も。

カメラには800万画素レンズを装備し、ほかにも充実の定番機能を搭載しました。高画素カメラと逆光シーンに役立つHDR高画素カメラと逆光シーンに役立つHDRで、黒つぶれや白とびを抑えたきれいな写真が撮影できます。

(2)P-smart ケータイ P-01J

mv_02 (1)

 

特徴としては相手の声が圧倒的※に聞き取りやすく操作も快適なガラホです。

相手の声が圧倒的に聞き取りやすいVoLTE+プレミアムトークを搭載しました。
VoLTE+パナソニック独自の技術(プレミアムトーク®)で、大きい音(約2.5倍※)・自然な音で相手の声が聞き取りやすいです。

使い慣れた機能は当然に、新機能でさらに使いやすくする工夫がみえます。
見やすく押しやすいボタンや、画面表示の文字も大きくしており、メールや電話の操作がさらに快適になりました。

(3)らくらくスマートフォン4

mv_02 (2)

 

「らくらくホン」は一定のファンがいる機種です。文字通り誰にでも使いやすいガラホといえます。

そんな「らくらくホン」機能は充実してます。
思い出の「動き」まできりとる感動カメラを搭載しました。
カメラまかせでキレイな写真と同時に人の仕草や動きまで撮影。新たな楽しさが、シャッターを押すだけでキレイな写真が撮れるなんて、撮影までらくらくです。

もちろんアプリやインターネットで楽しさはさらに広がります。

SNS:コミュニケーションアプリでみんなと楽しく
ゲーム、音楽:人気ゲームや歴代の名曲を好きな時間に
映画、電子書籍:見たかった映画やあの本を外出先でも
ニュース:気になるニュースをすばやくチェック

スマホでやれるエンタメはらくらくホンでもすべて行えます。
充実の搭載機能で気軽に使いたい方も安心。さらにGoogle Playにも対応しているので、話題のアプリも思う存分楽しめます。

使いやすい洗練デザインや【VoLTE(HD+)×HCE】により通話品質も向上しました。

4.ガラケーの将来と注意点

以上の通り、単純計算で一番安いのはdocomoの745円でした。

しかし、これはあくまでもメールもインタネットも使わず、無料通話がついていない最低維持費と考えてください。
無料通話が1,000円分ついているなら1,606円が最安となります。

また、キャリア同士が無料になるプランの最安も1,606円となります。

最後に、ガラケーユーザーにとっては残念なニュースの紹介です。2015年4月に、ガラケーの生産を2017年以降中止にするという報道がされました。ガラケーの生産を終了しても使用ができなくなるという事ではなく、修理等のサポートも今後しばらく継続されます。

しかし、auのソフトバンクの両社は、近い将来には3Gを廃止したいという意向があるようです。3Gにしか対応していないガラケーでは、物理的にはネット通信をする事は不可能になるという事です。

ガラケーの代わりに、スマホの機能を搭載しLTEを利用した「ガラホ」が登場しています。

今現在は、ガラケーのような安価なプランはありませんが、ガラケーが無くなる頃には安く利用できるプランも登場するかもしれません。

2017年現在、ガラケーのプランは各社まだ残っていますが、端末自体は在庫次第のようです。

例えばauはすでにガラケーの生産を終了していて市場にあたらしいガラケーはほぼ無いようです。

ですので、契約する場合は中古で古いau携帯を持参する必要があります。
また、docomoはらくらくホンなどがまだありますので新規購入は可能のようです。

5.まとめ

・メールもインターネットも全くしない。通話料は普通にかかるが、家族間のみ無料⇒docomo(745円)

・メールもインターネットも全くしない。通話は1,000円分ついてくる⇒docomo(936円)

・メールはやるがインターネットを全くしない。通話料は普通にかかる⇒au(1,415円)

・メールはやるがインターネットは全くしない。通話は1,000円分ついてくる⇒docomo、au、ソフトバンク(1,605円)

・メールもインターネットもやる⇒ガラホがおすすめ

注意するべき点は、メールもインターネットもやらなければ、docomoは745円でガラケーを維持できます!

ガラホは1,800円くらいから持つことが可能ですので、ガラケーの形状が好きな方はアリではないでしょうか?

料金プランが複雑ですので、気づきにくいのですが、参考にしてみてください。

【ソフトバンク携帯のりかえでどこよりも高いキャッシュバックを保証します!】
【ソフトバンクのiPhoneⅩ、iPhone8、スマホを購入したい方はこちら】
【auのiPhoneⅩ、iPhone8、スマホを購入したい方はこちら】
【ドコモのiPhoneⅩ、iPhone8、スマホを購入したい方はこちら】

販売店比較早見表

店舗名

                                           詳細

おとくケータイ.net

キャッシュバック最高額を保証してくれます

  • オンライン完結でテナント費がない分、キャッシュバック金額が大きい
  • webだけではなく電話やメールで相談もできるので安心
  • キャッシュバック最高額を保証してくれる
  • ソフトバンクに乗り換えるなら最もお得

ソフトバンクオンラインショップ

ドコモオンラインショップ

au Online Shop

キャリア公式オンラインショップ

  • 各キャリア公式のためiPhoneⅩ、iPhone8含め人気機種の在庫が豊富
  • 24時間対応でオンライン完結のため時間をとられない
  • オンラインショップ限定キャンペーンもあり、プランも自由に選べるため料金を安くできる
  • キャリアを乗り換えない機種変更なら一番お得

ソフトバンクショップ, auショップ, ドコモショップ

  • 不要なオプション加入など営業をされる
  • キャッシュバックは出ない場合が多い
  • 混雑しているため非常に時間がかかることがある
  • 店員の質にばらつきがある