【人気上昇中】格安SIMのすすめ

  • Pocket

cimg30031

「格安SIM」というものをご存じですか?スマートフォン普及とともに、CMや電車の中吊り広告で目にすることが多くなったこの言葉は何なのか。この記事では格安SIMがどういうものなのかまとめ、使い方や選び方をご紹介していきます。

 

SIMとは何か

SIMとは、スマホや携帯、タブレットなどのモバイル端末で、データ通信や音声通話などを行うために必要なICチップカードのことを指します。 3GやLTEといった電波を使ってデータ通信や音声通話するには、このSIMカードが必要になります。 SIMカードには電話番号など契約者情報が記録されており、利用者を特定する役割もあります。そして、対応しているワイヤレスネットワークの通信事業者の中からユーザーが自由に選んで使用することができます。

 

格安SIMとは

格安SIMとは、MVNO(仮想移動体通信事業者)と呼ばれる事業者が、大手通信キャリアに比べて低価格で提供しているSIMカードのことです。詳しく言えば、BIGLOBEやOCNのようなインターネットプロバイダが、携帯キャリアからインターネット・通話の回線を借りて、SIMカードを使ったインターネットや通話のサービスを安く提供しているということです。このため、契約期間の縛りを受けたくない、海外で現地の通信事業者を利用する予定があるといった方に人気です。

MVNOの主な事業者は、以下があげられます。
DMM、ぷらら、OCN(モバイル ONE)、パナソニック(Wonderlink)、BIGLOBE、NifMo、楽天モバイル、hi-ho、日本通信(b-mobile)、IIJmio、U-NEXT(U-mobile)

 

格安SIMのメリット

主なメリットは4つあります。

①月額料金が安くなる
大手携帯キャリアと比べると半額以下の値段になります。1ヶ月2GB使うと過程すると、大手3社の携帯キャリアの「かけ放題プラン」の平均が月額7,o20円に対し、格安SIMを使うと月額1,587円+月の通話料になるので、約5,000円の節約が出来ます。

②今の携帯電話番号を引き継ぐことが出来る
MNP(番号そのままでのりかえ)に対応しており、大手携帯キャリアで使用していた電話番号がそのまま使えます。

③インターネット・通話の品質はキャリアと同じ
インターネット・通話の回線は、大手携帯キャリアから借りて提供しているため、品質が変わりません。

④最低利用期間が短い
「2年縛り・契約自動更新」がない事業者が多く、最低利用期間(多くは1年)を過ぎればいつ解約しても違約金がかかりません。

 

格安SIMのデメリット

デメリットは4つあります。

①通話料が高い
格安SIMは、月額料金に通話料が含まれていないことが多く、通話料は21.6円/30秒と割高です。電話を多く使う人は、大手携帯キャリアの料金プランにすることをおすすめします。

②メーカー保証のみになる
端末をそのまま利用する場合、Apple社以外の製品は、携帯電話会社が提供している端末の保証が消え、メーカー保証のみになります。(Apple社の製品は、キャリア/格安SIM関係なくAppleのサポートが受けられます)

③店頭への相談がしにくい
MVNOは大手携帯キャリアのように実店舗を運営しているところが少ないため、相談やサポートは電話・メールが中心になり面倒です。

④初期設定をするのは自分
SIMカードを注文すると小包で届きます。そこからSIMをスマホに装着する、だけでは使うことができません。ネットワークの設定は自分でやる必要があります。しかし、手間ではありますが、操作マニュアルがついている場合も多いので、簡単に設定はできます。

SIMの選び方

メリットとデメリットがある格安SIM、選ぶ場合は何を基準にすればいいのでしょうか。
そのポイント3つ挙げていきます。

ポイント① 格安SIMの種類
SIMは「データ専用SIM」と「音声通話SIM」の二つの種類があります。タブレットやモバイルWi-Fiルーターを使い、ネットのみ利用したい方は「データ専用SIM」、スマートフォンで通話・ネットを使いたい方は「音声通話SIM」を選びましょう。

ポイント② 通信速度
格安SIMの通信速度は、高速(75Mbps以上)と低速(200kbps前後)の2種類があります。高速は、携帯キャリアと同等の速さです。一方、低速はサービスによっては問題なく利用できますが、動画や画像などを多用するサービスでは読み込み速度の遅さを感じることが多くなります。

ポイント③ 利用データ量と、それに伴う価格
まず、現在利用しているデータ量を目安に、データ量を決めます。現在のデータ量が分からない方は、必ず事前にチェックしましょう。
通話も通信量もほとんどないという方なら、DTIや楽天モバイルがおすすめです。
楽天モバイルなら月額525~2,960円 + 通話プランがというプランもあるので、最安525円で利用できます。
通信が2~3GBくらいなら、BIGLOBEのプランがおすすめです。
音声通話 + 通信プラン(3G)なら、通話と通信をあわせても月々2000円~利用することができます。
通信量がかなり多いという方は、DMMの20Gで6790円のプランをおすすめします。

まとめ

格安SIMにはメリットばかりでなくデメリットもあります。しかし、多少のデメリットがあっても費用を安く抑えたい方や、契約の縛りや海外利用などもっと自由にスマホを利用したいという方には非常に魅力的です。
今、格安SIMには続々と新規事業者も参入しています。そうして業者同士が競合することにより、サービスの質が高まり、魅力あるプランが増えていくでしょう。自分に合った格安SIMがないか、日々情報を仕入れ検討していきましょう。

MVNO名

最安値プラン価格
(通話付SIM)

5GBプラン価格
(通話付SIM)

特徴

【nuro mobile】

(docomo系)

¥700

(449MBまで)

¥2,000

  • 「0SIM 」データ+音声プランは月額¥700で業界最安値!
  • 残データの翌月繰り越し可能で、1MBも無駄なく使える
  • データプランを1GB刻みで選べるので、データをきっちり使いきりたい方におすすめ!

DMM モバイル
(docomo系)

¥1,140

ライトプラン
(200Kbps、データ量無制限)

¥1,210

  • データプランの種類が多く、自分にあった無駄のないプランが見つけたい方におすすめ!
  • 3日間の通信量制限がないので、1日の通信量にムラがある人も安心。
  • SIMカードが自分の手元に届いてからの回線切替なので、通信不能期間がほとんどない。

【楽天モバイル】

(docomo系)

¥1,250

ベーシックプラン(200Kbps、データ量無制限)

¥2,150

  • 楽天スーパーポイントで通信費が払えるので、楽天市場でお買い物をする方に断然おすすめ!
  • 契約初月は基本料金無料なので、前契約キャリアとの料金二重払いが防げる。
  • 残データを翌月に繰り越しできるので、データを無駄なく使える。

BIGLOBE SIM

(docomo系)

¥1,400

(1GB)

¥2,150

(6GB)

  • セット端末の種類が豊富なので、一括契約希望かつ、端末にこだわる方におすすめ!
  • 契約初月は基本料金無料で、前契約キャリアとの料金二重払いが回避できる。
  • データ容量6G以上のプランで、所定の公衆Wi-fiが無料となる。

mineo
(docomo/au系)

¥1,310

(au)

¥1,400

(docomo)

(500MB)

¥2,190

(au)

¥2,280

(docomo)

  • データを家族で分け合えるパケットシェアなど、家族を意識したサービスが充実しているので、家族での一括加入希望の方におすすめ!
  • ユーザ同士でパケットシェアできるフリータンクサービスがあり、月の残データ量ピンチの際助けてもらえる。
  • 月額¥270でウイルス駆除ソフトが導入できるので、セキュリティが気になる方も安心。

U-mobile
(docomo系)

¥1,580

(3GB)

¥1,980

  • 10分通話300回無料のプランがあるので、通話量が多い方におすすめ!
  • USEN MUSIC SIM(¥2,980)で「スマホでUSEN」が実質無料で楽しめる。
  • 速度制限なしのデータ無制限プランがあり、ヘビーユーザーでも安心して利用できる。

IIJmio
(docomo/au系)

¥1,600

(3GB)

¥2,220

(6GB)

  • SIMカードを最大10枚まで同時契約出来るファミリーシェアプランがあり、大家族や二世帯同時に乗り換えたい方におすすめ!
  • 一般的な5分かけ放題に加え、家族間での30分かけ放題サービスがあるので、家族間通話が多い方におすすめ!
  • データ追加料金が¥200/100MBで安めなので、毎月のデータ量が不安定な方におすすめ。

NifMo
(docomo系)

¥1,600

(3GB)

¥2,300

  • ショッピングなどに適用されるバリュープログラムを使うことで、毎月の利用料金を0円にすることも可能!
  • ファミリープログラムを適用するすることで0.5GB/月のデータボーナスが付いてくるので、データ通信をよく使う家族におすすめ!
  • 公衆Wi-fiサービスが無料で使える。

OCN モバイル ONE

(docomo系)

¥1,600

(110MB/日)

¥2,150

  • データ量日割りプランがあるので、データを無駄なく使いたい方におすすめ!
  • 残データを翌月に繰り越しできるので、データを無駄なく使える。
  • ターボモードをOFFにすると、速度は200kbpsになるものの、通信量がノーカウント。SNSをたっぷり使いたい方にもおすすめ。

UQモバイル
(au系)

¥1,680

(3GB)

¥2,680

(500Kbps、データ無制限)

  • 通信速度・安定度業界NO.1。通信速度も月額料金も譲れないという方におすすめ!
  • SIMカードが自分の手元に届いてからの回線切替なので、通信不能期間がほとんどない。通信を一日でも切らしたくない方におすすめ。
  • データ無制限プランがあり、使用量を気にせずデータ通信を楽しめる。
【ソフトバンク携帯のりかえでどこよりも高いキャッシュバックを保証します!】
【ソフトバンクのiPhone7、スマホを購入したい方はこちら】
【auのiPhone7、スマホを購入したい方はこちら】
【ドコモのiPhone7、スマホを購入したい方はこちら】

販売店比較早見表

店舗名

                                           詳細

おとくケータイ.net

キャッシュバック最高額を保証してくれます

  • オンライン完結でテナント費がない分、キャッシュバック金額が大きい
  • webだけではなく電話やメールで相談もできるので安心
  • キャッシュバック最高額を保証してくれる
  • ソフトバンクに乗り換えるなら最もお得

ソフトバンクオンラインショップ

ドコモオンラインショップ

au Online Shop

キャリア公式オンラインショップ

  • 各キャリア公式のためiPhone7含め人気機種の在庫が豊富
  • 24時間対応でオンライン完結のため時間をとられない
  • オンラインショップ限定キャンペーンもあり、プランも自由に選べるため料金を安くできる
  • キャリアを乗り換えない機種変更なら一番お得

ソフトバンクショップ, auショップ, ドコモショップ

  • 不要なオプション加入など営業をされる
  • キャッシュバックは出ない場合が多い
  • 混雑しているため非常に時間がかかることがある
  • 店員の質にばらつきがある
  • Pocket