Mac購入後にまず入れておくべき定番アプリ10選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

FireShot Capture 2 - mac mini - Google 検索_ - https___www.google.co.jp_search

iPhoneの爆発的ヒットにも関わらずPCとしてのMacは、中々シェアが伸びませんが(2015年12月OSシェアー:マイナビニュース)それでも着実に伸びてきています。そこでMacへ移行された方、移行を考えている方向けに、導入しておくべきアプリのご紹介です。Windowsと違って、ダウンロード➡︎インストール、の作業に最初は戸惑うかもしれませんが、基本はdmg(デスクイメージファイル)をダブルクリック➡︎アプリケーションフォルダーへアプリのアイコンを入れる、ことで完結します。ですが、APPストアーから導入したもの以外は、管理者権限での実行が必要になりますので、右クリック➡︎開く、の操作で起動してください。それでは・・・

 1、セキュリティー

1

MalWare(PC-Worldより)

Windows に比べてMac のセキュリティーは高いとされていますが、それでも何も入れておかないのは問題ですし、危険でもあります。まずは、無料版でもきっちり保護してくれるAvast(アヴァスト)。Windowsで使用されていた方も多いのではないでしょうか。入れておいて損はないでしょう。あるいは、マルウェアーだけ対策しておきたい方には、リアルタイムでウィルス対策してくれている、MalwareBytes(マルウェアーバイツ)。ウェブ上から自分のファイルを検知してくれる優れものです。

 2、メンテナンス

以前からMacは、固まりやすいとやや不評もありましたが、インテル系に移行してからは、そうした評判も沈静化したようです。それでも定期的にメンテしておくのは大切です。定番のOnyx(オニックス)は、Mac ユーザーなら必ず入れておく、きっちりメンテのアプリです。設定項目が多すぎるきらいもありますが、デフォルトのまま使用しても問題ないでしょう。ノート型やハードディスク容量が気になる方には、iBoostUp(アイ・ブースト・アップ)が、パソコン内の不要ファイル、キャッシュなど削除するには強力なアプリです。

 3、ブラウザー

Appleのサファリをブラウザーに使用されている方を私は知りません。なにせ「使えない」ブラウザーでしょう。ですので、FireFox(ファイヤーフォックス)かChrome(クローム)を入れておくのがお勧めです。他にも、もちろん好みのブラウザーがあるでしょうが、アドオン(拡張機能)の充実からすると、この2強です。

 4、バックアップ

これまでパソコン歴の長い方は、何をおいてもバックアップが心配でした。若い方は、データがある日吹っ飛んでしまう、あの悪夢の瞬間を知らない方も多いようですが、悪くても半年に1回ぐらいはバックアップを取っておきましょう。MacにはTimeMachineというデフォルトで付いているバックアップソフトがありますが、中々使い勝手が良いとは言えず、もっと簡単お手軽な、SuperDuper(スーパードゥーパー)などはいかがでしょう。直感的で分かりやすい操作で完結できるので、バックアップ作業の煩わしさを軽減してくれます。

 5、WiFiチェッカー

現状、Lan ケーブルでPCを利用される方は、職場を覗いて少数派でしょう。ですので、外出先ではもちろんのこと、自宅でも、混雑するWiFi電波の隙間を探して利用する、不審者の侵入を阻止するなど、入れておくべきアプリではあります。WiFiExplore(ワイファイ・エクスプローラー)はグラフィックで電波状態を確認できるとともに、セキュリティーの状態も把握できるので便利なアプリです。

 6、文書作成

定番のMac版Office(Word,Excel)は、高額ですので、凝った文章を書く人でなければ、無料版のOneNote(ワンノート)で十分かと思いますが、個人的にプログラム作成にも使える、CotEditor(コットエディター)を入れています。これはウェッブページを全部コピーしても画像を抜いてペーストしてくれるので、情報だけ欲しい人には、コピペ機能だけでもありがたいアプリです。

 7、Audio-Visual

もともとMac利用者は、この分野に強いか、それでお仕事されている方達でしたので、音楽・ヴィデオ・写真系のアプリは、それこそ掃いて捨てるほどあります。ここでは一つだけ、動画視聴アプリをご紹介。MacデフォルトのQuickTimeは、好みの差があるとは言え、重いし、遅いし、コーデック少ないしで、使用に耐えません。ですので、無料で先の不満を解消してくれる、VLAN(ヴィデオ・ラン)がお勧めです。映像の視聴速度も調整できるので外国語学習にも重宝します。

 8、ユーティリティー

私のような高齢者になりますと、iPhoneの画面は小さすぎて、メールを読むにも苦労致します。そんな時スマホやタブレットの画面を、大画面に表示してくれ、パソコン操作も出来てしまう優れもの、AirServer(エアーサーバー)が助かります。WiFiでMac とスマホ、タブレットを繋いでくれるのでお手軽です。

仕事でPDFを使用する機会は多いでしょうが、アドビー製はどうも、という人には軽くて速い、PDFreaderX(PDFリーダーエックス)などはお勧めですし、何冊か文書をまとめてPDFにしておきたい、逆に必要なところだけ抜き出したいなんていう時には、PDFSplit&Mergeなどは役に立ちます。

また、大容量のファイルを圧縮・解凍するのにZIPファイルは主流ですが、RAR(ラーファイル;拡張子.rar)もよく使われますので、Macデフォルトでは利用できませんから、Unarchiver(アンアーカイバ)は必須です。

 9、お絵描き

Windowsについているお絵かきソフトPaintのようにお手軽なアプリは、実はMacには少なく。PhotoShopやIllastrator並みの機能満載のアプリが多い中で、やはりPaintぐらいで良いよね、という方には、PaintBrush(ペイントブラシ)が、Windows時代のお手軽さを回復させてくれます。

 10、アプリのアンインストール

実はWindowsと違ってMacではアンインストールがそのままではできないのです。Windowsにある、コントロールパネル➡︎プログラムの削除、のような機能がないのです。ですので2で紹介したiBoostUpのようなアプリを入れておかなければ、使わなくなったアプリや怪しいアプリのアンインストールができません。ですので、iBoostUpで削除しても良いのですが、直感的で、アプリ連携ファイルまで削除してくれるAppCleaner(アップクリーナー)は必須です。いらないファイルまで綺麗にしてくれるのでスッキリします。

以上、個人的な趣味よりも、まずは新品のMACに入れておくべきアプリをご紹介しました。古参のMACユーザー様からしたら、「まだまだ甘いね。」とご意見されることを承知で書いてみました。そうした甘さをご指摘いただければありがたいです。

【ソフトバンクのiPhone7、スマホを購入したい方はこちら】
【auのiPhone7、スマホを購入したい方はこちら】
【ドコモのiPhone7、スマホを購入したい方はこちら】

販売店比較早見表

キャッシュバック金額の目安

                                           詳細

おとくケータイ.net

20,000〜50,000円(最高額を保証してくれます)

  • オンライン完結でテナント費がない分、キャッシュバック金額が大きい
  • webだけではなく電話やメールで相談もできるので安心
  • キャッシュバック最高額を保証してくれる
  • ソフトバンクに乗り換えるなら最もお得

ソフトバンクオンラインショップ

ドコモオンラインショップ

au Online Shop

キャリア公式オンラインショップ

0〜20,000円

  • 各キャリア公式のためiPhone7含め人気機種の在庫が豊富
  • 24時間対応でオンライン完結のため時間をとられない
  • オンラインショップ限定キャンペーンもあり、プランも自由に選べるため料金を安くできる
  • キャリアを乗り換えない機種変更なら一番お得

モバワン, カメラのキタムラなど

併売店

0〜20,000円

  • 端末を下取りに出さないとキャッシュバックがないなど条件がある
  • 有料オプションに加入させられる場合が多い
  • 店舗によって条件が大きく異なる

ヤマダ電機, ビックカメラなど

家電量販店

0〜20,000円

  • ケースや保護フィルムなどアクセサリが豊富
  • キャッシュバックは現金ではなくポイントの場合が多い
  • 店員や交渉力に左右される

ソフトバンクショップ, auショップ, ドコモショップ

専売店

0〜20,000円

  • 不要なオプション加入など営業をされる
  • キャッシュバックは出ない場合が多い
  • 混雑しているため非常に時間がかかることがある
  • 店員の質にばらつきがある
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket