こんなに簡単!携帯購入するならMNPを活用しないと損をします!

  • Pocket

MNP

よく耳にするMNP、果たして何の略なのかご存知でしょうか?M(モバイル)N(ナンバー)P(ポータビリティ)を直訳すると、携帯電話番号の持ち運び。電話番号を変更せずに他の携帯会社に契約を乗り換えるシステムのことを指します。

これまでは、今使っている携帯会社を解約して新しい携帯会社で新規契約をすると、電話番号が変わってしまうという大きなデメリットがありました。今回は、電話番号を変更せずにできるMNPの手続きについてご紹介します。

MNPって何のため?

考える

MNP登場前は、他社に乗り換えをすると、違う携帯電話番号に変わってしまいました。

ところが、日本においては2006年からMNPの制度がスタートしました。ユーザーにとっては、電話番号が変わらなければ、間違い電話も減り、変わったことを友人知人に通知する手間もなくなる便利なシステムです。しかし、ここには隠れたメリットがまだあります。電話番号が変わらないことで、ユーザーが気楽に携帯電話会社を選ぶことができるようになれば、携帯電話会社同士の競争が活発化され、価格は安くなりサービスも良くなります。

日本の技術力や競争力を高める結果にも繋がるのです。実際に、MNPの導入により、携帯電話会社を変更する件数が増え、以前よりも競争が盛んになりました。

MNPの手続きとは?一から学ぼう!

MNPによるお乗り換えの手続きは非常に簡単です。

やることは下記のたった2つです!

  1. 現在契約中の携帯会社から、MNP予約番号を取得すること。
  2. 新しく契約を希望する携帯会社に来店し、新規申し込み及び、携帯電話の購入をすること。

たとえば、SoftBankからauに乗り換える場合は、SoftBankから、MNPでのりかえるための暗証番号のようなMNP予約番号と呼ばれるものを教えてもらい、auの契約時に伝えるのです。

それぞれの携帯会社では短縮番号等を設けていますので、ご確認ください。

新しく契約をする携帯会社での新規申し込みについてもご説明しておきましょう。

どの携帯会社でも、支払い方法が「口座振替」か「クレジットカード」なのかで契約時に必要なものが異なりますので、事前に確認を行いましょう。

また、契約にかかる時間は、待ち時間を除けば、開通まで30分から1時間程度です。

「契約書類の記入」→「本人確認」→「契約プランの決定」→「登録」→「開通」といった流れで行われます。

MNPにかかる費用の確認

yjimageVHPRWQLT

つづきましては、MNPの手続きの際に必ず必要となる費用についてご説明をしておきます。

MNPをする際にかかる費用は、「MNP転出手数料」、「契約解除料」、「契約事務手数料」の3つです。

まず、現在契約中の携帯会社への手数料として、MNP転出手数料がかかります。

具体的な金額としては、SoftBankは3,000円、auとdocomoは2,000円です。つづいて契約解除料です。携帯電話の契約は基本的に2年更新ですので、更新月のタイミングで解約しなければ、9,500円が「契約解除料」として発生します。

そして、最後に契約事務手数料です。MNP先での手数料として「契約事務手数料」が3,000円かかります。これは、新しい携帯会社からの初月の請求に自動的に加算されます。

まとめ

今ご利用の携帯会社より他社のプランがお得になる、そんなことは今後もどんどん発生していくと思われます。他社への乗り換えを検討する場合は、前もって手続きや発生する費用、それぞれのショップで開催しているキャンペーンなどを確認しておくことも重要ですね。

【ソフトバンク携帯のりかえでどこよりも高いキャッシュバックを保証します!】
【ソフトバンクのiPhone7、スマホを購入したい方はこちら】
【auのiPhone7、スマホを購入したい方はこちら】
【ドコモのiPhone7、スマホを購入したい方はこちら】

販売店比較早見表

キャッシュバック金額の目安

                                           詳細

おとくケータイ.net

20,000〜50,000円(最高額を保証してくれます)

  • オンライン完結でテナント費がない分、キャッシュバック金額が大きい
  • webだけではなく電話やメールで相談もできるので安心
  • キャッシュバック最高額を保証してくれる
  • ソフトバンクに乗り換えるなら最もお得

ソフトバンクオンラインショップ

ドコモオンラインショップ

au Online Shop

キャリア公式オンラインショップ

0〜20,000円

  • 各キャリア公式のためiPhone7含め人気機種の在庫が豊富
  • 24時間対応でオンライン完結のため時間をとられない
  • オンラインショップ限定キャンペーンもあり、プランも自由に選べるため料金を安くできる
  • キャリアを乗り換えない機種変更なら一番お得

モバワン, カメラのキタムラなど

併売店

0〜20,000円

  • 端末を下取りに出さないとキャッシュバックがないなど条件がある
  • 有料オプションに加入させられる場合が多い
  • 店舗によって条件が大きく異なる

ヤマダ電機, ビックカメラなど

家電量販店

0〜20,000円

  • ケースや保護フィルムなどアクセサリが豊富
  • キャッシュバックは現金ではなくポイントの場合が多い
  • 店員や交渉力に左右される

ソフトバンクショップ, auショップ, ドコモショップ

専売店

0〜20,000円

  • 不要なオプション加入など営業をされる
  • キャッシュバックは出ない場合が多い
  • 混雑しているため非常に時間がかかることがある
  • 店員の質にばらつきがある