お得に機種変更!スマホをお得に、月々の料金を安くしよう!

  • Pocket

英文法-300x199

この記事をご覧の皆様は携帯電話はどこのキャリアの利用されていますか。
携帯電話の通信キャリアは、大手でいえばドコモやauやソフトバンクがあげられます。

その各キャリアの中でスマートフォンもフィーチャーフォンも様々なメーカーの端末を取り扱っているため、品揃えが大変豊富です。
通信キャリアの違いや携帯電話端末の違い、多くの選択肢がある中、携帯電話の購入時に選ぶ楽しみがありますね。

ここ数年でスマートフォンが普及し、多くの先進的な技術が搭載された各モバイル機種の中から携帯電話を選ぶ際のポイントは価格よりも性能に重点を置いているユーザーが増えているようです。
多くの方の携帯電話の契約は2年契約となっているかと思います。最近では携帯電話をご購入されるときに各キャリア共2年契約を推奨しているからです。

これは以前と違い携帯電話の端末代金が高く、2年間の割賦という形で携帯電話の本体価格を支払っていくのがデフォルトだからです。
割賦のため毎月支払う端末代金に目がいきづらく、どの機種でもたいして高くないと考えて性能で購入機種を決める方が多いはずです。
しかし割賦で分かりづらいとはいえ、スマートフォンは数万円もする決して安くない買い物です。

ですので今回は携帯電話の価格に関することを紹介していきます。この記事を読んでスマートフォンの機種変更時に参考になればと思います。

携帯電話を購入する前に価格について事前調査

携帯電話の料金や各キャリアのキャンペーンというと煩雑で何が何だかわからないという方も多いようです。
皆さんは機種代金を含む携帯電話の月々の料金をちゃんと見たことがありますか?

携帯電話の月々の料金の内訳は大きく2つに分けることができます。
1つは携帯電話の基本使用料金です。最近のプランで言いますと、電話のし放題プランとインターネット通信のデータプランです。
そしてもう1つが携帯電話の機種代金です。以前は契約時に一括で購入する形がほとんどでしたが、今では多くの場合24ヶ月の割賦で購入するという形です。つまり2年間そのキャリアを利用するという条件で機種によっては10万円以上もするスマートフォンを安く購入するというものです。

携帯電話の基本使用料金は各キャリアとも細かくプランを設定しており、自身のスマホの利用用途や電話や通信の利用頻度によって変わってくるでしょう。
携帯電話の機種代金は安くすることができるのか?これが今回のお話です。

機種代金をお得にする方法

この章ではスマホの機種代金を安く、お得にする方法について紹介していきます。
各キャリアとも様々なサービスやキャンペーンを展開しており、それらを利用することでスマホの料金を安くすることができます。

割引きプランを利用してスマホの料金を安くしよう

それぞれのキャリアが展開している各種割引きプランには、学生を対象としてスマホの基本料金や通話料を半額にする学生割引があります。
さらに、自分で指定した相手通話が安くなる指定先割引といったものもあります。

家族を対象とした「家族割」は、家族間での通話料が無料もしくは通常より安くなります。
その他にも2年契約をすることで安くなる年割と呼ばれるサービスもあります。

これらのキャンペーンをうまく利用することでスマホの月々の料金をお得にすることは十分可能です。

スマホを普段ほとんど使わないという方は契約している内容を確認して、不要なオプションを解約した方が月々のスマホの料金は確実に安くなります。
とくにデータ定額などはスマホの機種代金を安くするために必要以上の容量で加入することになるので確認してみましょう。契約後に多くの人は忘れてそのままにしまい外したり容量の引き下げをしていないケースが多々あります。

割引のために加入したものが返って料金を高くしてしまっているなんてことも珍しくありません。

指定割を使って通話料金をお得にしよう

アドレス帳に数百人、数千人の連絡先が入っていても実際に連絡を頻繁に取る相手は限られるものです。その場合は頻繁に連絡を取る相手に指定割を付けておけば通話料金をかなり安くすることができます。
もともとほとんど電話をしない人ならばこの指定割は付けない方がいいですが、頻繁に連絡を取る場合はその人を指定割に入れておくといいでしょう。

今はネットで月々の料金明細が見られますので、利用状況を確認しつつ指定割を活用するといいでしょう。

学割を利用してスマホの料金をお得にしよう

学割は、その名の通り学生が利用することのできるキャンペーンであり、基本料金や通話料金などを通常より大幅に安く抑えることができます。
例えばソフトバンクでは学生は3年間基本料無料といった内容のキャンペーンを打ち出しました。この学割ですが、学生が携帯電話を購入するのが春が多いため春に展開されることが多いですので見逃さないようにしましょう。

スマホの月々の料金を安く抑えるためには各キャリアのサービスやキャンペーンを利用することが重要です。新しいキャンペーンも続々と出てきますので、それらをチェックしましょう。
また不要なオプションへの加入や用途や頻度に合っていないプランになっていないかを確認し、自分に合った料金プランにしていきましょう。

【ソフトバンク携帯のりかえでどこよりも高いキャッシュバックを保証します!】
【ソフトバンクのiPhone7、スマホを購入したい方はこちら】
【auのiPhone7、スマホを購入したい方はこちら】
【ドコモのiPhone7、スマホを購入したい方はこちら】

販売店比較早見表

キャッシュバック金額の目安

                                           詳細

おとくケータイ.net

20,000〜50,000円(最高額を保証してくれます)

  • オンライン完結でテナント費がない分、キャッシュバック金額が大きい
  • webだけではなく電話やメールで相談もできるので安心
  • キャッシュバック最高額を保証してくれる
  • ソフトバンクに乗り換えるなら最もお得

ソフトバンクオンラインショップ

ドコモオンラインショップ

au Online Shop

キャリア公式オンラインショップ

0〜20,000円

  • 各キャリア公式のためiPhone7含め人気機種の在庫が豊富
  • 24時間対応でオンライン完結のため時間をとられない
  • オンラインショップ限定キャンペーンもあり、プランも自由に選べるため料金を安くできる
  • キャリアを乗り換えない機種変更なら一番お得

モバワン, カメラのキタムラなど

併売店

0〜20,000円

  • 端末を下取りに出さないとキャッシュバックがないなど条件がある
  • 有料オプションに加入させられる場合が多い
  • 店舗によって条件が大きく異なる

ヤマダ電機, ビックカメラなど

家電量販店

0〜20,000円

  • ケースや保護フィルムなどアクセサリが豊富
  • キャッシュバックは現金ではなくポイントの場合が多い
  • 店員や交渉力に左右される

ソフトバンクショップ, auショップ, ドコモショップ

専売店

0〜20,000円

  • 不要なオプション加入など営業をされる
  • キャッシュバックは出ない場合が多い
  • 混雑しているため非常に時間がかかることがある
  • 店員の質にばらつきがある