ソフトバンクユーザー必見!携帯代を安くするために

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SB

スマートフォンが一般的となった今、周りを見渡せば、人々の手には様々なスマートフォンがあります。

その中でもひときわ目立つのが、言わずと知れたApple社のiPhoneシリーズ。

デザイン性や機能性も高く、その製品自体のブランド力も非常に高い。
ケースやアクセサリーも種類豊富で、その数は他機種に勝っています。

海外ではiPhoneよりもAndroidの方が低額であるため、海外ではAndroidユーザーが多いとのことですが、日本ではどちらもほぼ同額で購入することができます。
そのため、日本では海外に比べ、非常にiPhoneの人気が高いです。

そんな、日本で絶大な人気を誇るiPhoneを、どうしたらより安い料金で使えるのか?

今回はその節約のコツについてご説明いたします。

中でも、キャリア別iPhoneのシェア率ナンバーワン、ソフトバンクを例に具体的に見ていきましょう。

節約しやすい人の特徴

札束
本来、携帯キャリアや料金プランについて詳しい方であれば、初めからご自分の考察によって、的確で無駄のない料金設定やそれに合わせた使い方ができるかと思いますが、皆が皆、精通した方ではないでしょう。

データ通信量がどれくらいあればいいのか、月々の通話時間はどれくらいになるだろうか、機械やソフトウェアに疎い方や、普段からあまり気にしてらっしゃらない方では、わからないこともたくさんあるはずです。

しかしながら、わからないからといって、自分に合わない料金プランを利用していては、余分な料金を支払い続けるのはもったいないと思いませんか?

そういった方の中でも特に、
・通話やメールはするけれど、インターネットやデータ通信はほとんど行わない
・逆に、インターネットやデータ通信はするけれど、通話やメールはほとんど使わない
・契約したけれど、使い時がなくあまり活用されていない方
そういった方々は、これからご説明する節約のコツをもとに料金プランを見直してみると、大幅な節約が期待できるかもしれません。

節約のコツ①通話はどれくらいしますか?

まず通話料金の無駄を省いてみましょう。

現在、ソフトバンクでは「スマ放題」と「スマ放題ライト」が提供されています。
「スマ放題」は24時間全ての国内電話がかけ放題、「スマ放題ライト」は、1回5分以内の全ての国内通話が無料となるプランで、それぞれ料金は2,700円と1,700円。

もしここで、通話をあまりかけない人が「スマ放題」にしている場合、本来1,700円の「スマ放題ライト」で十分のはずが、2,700円と、1,000円も余分に支払ってしまうことになります。

また、今現在ではインターネット通話アプリや、Sipクライアントアプリと言うインターネット経由で使用できる電話アプリなどがあり、なおかつ音声がiPhoneの通話よりもクリアであるという声もあります。

ですので、こういったインターネットを介した通話を利用して通話料を節約するのも一つの手です。

節約のコツ②自分のデータ通信量にあったプランで契約していますか?

shop
そして、通話料と合わせて携帯代金の多くを占めるのがデータ通信量の定額パックです。
音楽や動画、アプリのダウンロードからマップの機能など、多肢に渡り、これでもかとインターネットを利用している方にとって定額制はありがたいものですが、そのデータ定額パックにもデータ通信量のサイズがあります。

ソフトバンクでは5GBの月々5,000円のプランをオススメとしていますが、データ通信のほとんどをWi-Fiで利用する方や、そもそもインターネットやデータ通信を使わない方にとっては5GBですら多いこともあるでしょう。
小容量の2GBや1GBのプランに変更することで、最大2100円の節約につながります。

Wi-Fiで節約するもよし、また、オフラインで利用できる地図アプリやデータ通信量を節約するブラウザをつかうもよし、とにかく余分なデータ通信容量はカットして節約しましょう!

節約のコツ③不要なオプションは解約していますか?

機種変更や新規契約時、不必要なオプションにまで加入してしまったことありませんか?

安くしますから、と、あれよあれよという内に、気付けば必要のないオプションが付けられ、結局必要がないために、加入していることも忘れてその料金を無駄に払い続けている可能性があります。

もう一度、本当に必要なオプションなのかどうか見直してみましょう。

海外ローミングに要注意!

otoshiana
また、これは海外に行かれる方のみに関係する話ですが、海外ローミングというサービスをご存知でしょうか。
各携帯キャリアが提供しているサービスで、現在の携帯契約や本体を変更することなく、国内にいる時と同じように海外でインターネットや通話を利用できるというものです。

しかしながらこの海外ローミング、通常のiPhoneの料金に別途、海外ローミング使用料が発生する形になります。
ソフトバンクの海外パケット定額は1,980円/日ですが、25MBを超える通信になると2.980円/日となり、通常の料金にプラスして支払うには高額な価格ではあります。

かといって、海外に赴いた時、通話もインターネットも使えないのでは不便だ!とお思いの方もいらっしゃると思いますが、海外専用のWi-Fiルータをレンタルするなど、節約方法は様々です。

設定すれば簡単に利用できるが高価な海外ローミングか、はたまた手間はかかっても海外での使用料を節約するか、必要に応じて無駄のない料金設定をしましょう。

まとめ

以上、ソフトバンクのiPhoneを例にとり、節約のコツを解説してきました。

どれも非常に基本的、シンプルではありましたが、料金を大幅に節約するためには重要なポイントです。

ですので、今一度この節約のコツを参考に、ご自身の料金プランを見直してみてはいかがでしょうか。

【ソフトバンクのiPhone7、スマホを購入したい方はこちら】
【auのiPhone7、スマホを購入したい方はこちら】
【ドコモのiPhone7、スマホを購入したい方はこちら】

販売店比較早見表

キャッシュバック金額の目安

                                           詳細

おとくケータイ.net

20,000〜50,000円(最高額を保証してくれます)

  • オンライン完結でテナント費がない分、キャッシュバック金額が大きい
  • webだけではなく電話やメールで相談もできるので安心
  • キャッシュバック最高額を保証してくれる
  • ソフトバンクに乗り換えるなら最もお得

ソフトバンクオンラインショップ

ドコモオンラインショップ

au Online Shop

キャリア公式オンラインショップ

0〜20,000円

  • 各キャリア公式のためiPhone7含め人気機種の在庫が豊富
  • 24時間対応でオンライン完結のため時間をとられない
  • オンラインショップ限定キャンペーンもあり、プランも自由に選べるため料金を安くできる
  • キャリアを乗り換えない機種変更なら一番お得

モバワン, カメラのキタムラなど

併売店

0〜20,000円

  • 端末を下取りに出さないとキャッシュバックがないなど条件がある
  • 有料オプションに加入させられる場合が多い
  • 店舗によって条件が大きく異なる

ヤマダ電機, ビックカメラなど

家電量販店

0〜20,000円

  • ケースや保護フィルムなどアクセサリが豊富
  • キャッシュバックは現金ではなくポイントの場合が多い
  • 店員や交渉力に左右される

ソフトバンクショップ, auショップ, ドコモショップ

専売店

0〜20,000円

  • 不要なオプション加入など営業をされる
  • キャッシュバックは出ない場合が多い
  • 混雑しているため非常に時間がかかることがある
  • 店員の質にばらつきがある