ソフトバンクでお得に機種変更するために知っておきたい知識まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

android

ソフトバンクのスマホに機種変更する際、どのように機種変更するのが一番いいのか…。ご存知の通り、機種変更をするには、MNPを利用して他社へ乗り換え、キャッシュバックを貰うのがお得です。しかし、「携帯メールのアドレスを変えたくない」、「家族がみんなソフトバンク」、「いまさら他社へ移るのが面倒」等、変えたくない理由もありますよね。費用はかかるけれど割引やキャンペーンは諦めて…なんて方、ちょっと待って下さい。お得に機種変更することは可能です。

今回は、ソフトバンクでお得に機種変更する為の3つのポイントをご紹介します。必ずお得に機種変更ができるはずです!
機種変更の3つのポイントを順序立てて説明していきます。

早く機種変更したいという方は↓をクリックしてソフトバンクオンラインショップへアクセス

auの方はこちら

ドコモの方はこちら

ポイント1:機種変更はソフトバンクオンラインショップ

パソ

ソフトバンクのスマホに機種変更する際に、まず思い浮かぶのは、ソフトバンクショップやビックカメラ等の家電量販店での手続きではないでしょうか。しかし、お得な機種変更はオンラインショップにこそあります。様々なメリットがありますので、実店舗と比べてみましょう。

 

■メリット1 頭金がいらない

ソフトバンクショップなどのキャリアショップ、ヨドバシカメラなどの家電量販店では、「頭金」と称される本体価格以外の料金が発生する場合があります。

実はこの「頭金」、ソフトバンクの公式ホームページには、全く記載もされていないものですが、実店舗ではこれを機種変更する際に課す場合があります。多くの家電量販店では3000円、各キャリアショップだと2000円~5000円程を設定していることが多いのではないでしょうか。

「頭金」と聞くと車のローンのように、機種代金の一部を始めに支払うのかな、と思ってしまうのですが、これは、機種代金とは別に発生している費用です。つまりそれぞれの店舗への手数料なのです。分割払いだけでなく、一括払いの時にも請求されます。

機種変更は店舗にとって査定として評価が上がらない契約方であるため、頭金を請求することで、利益の上乗せを計っているのです。ところが、ソフトバンクオンラインショップでは「頭金」が一切かかりません。僅か数千円ですが、払わずにこしたことは無いですね。

■メリット2 不要なオプションへの加入が無い

ソフトバンクに限らず店舗での新規契約や機種変更時に、初回月は無料だからと不要なオプションを契約させられたことありませんか?この狙いは、無料期間後の解約忘れです。格安携帯ショップなどで特に顕著で、オプションに加入しないと購入できないと言われたり、店頭で「頭金0円」といったPOPがあっても、「0円にするには、オプションに入ってください」と言われるケースもあります。

「加入オプション」は無料期間が終わる前に解約しないと、毎月料金がかかってしまいます。使わないコンテンツサービスにお金を支払うなんて、馬鹿らしいですよね。

残念ながら、格安携帯ショップや量販店に限らず、ソフトバンクショップであってもこのようなセールス手法が取られていることが多いのが現状です。ソフトバンクオンラインショップなら、要らないオプション加入を勧められることもありません。特に頼まれたら断れない、そんな気の弱い方には、オンラインショップでの機種変更がおススメです。

■メリット3 24時間購入可能

ソフトバンクのオンラインショップでは、24時間いつでもどこでもネット環境さえあれば機種変更できます。

仕事が忙しく、帰る頃にはショップは既に閉店、家事や育児で長時間家を空けられない、そんな方も、オンラインショップであれば、自分の都合のいい時間にソフトバンクのiPhoneやAndroidの機種変更が可能です。また、購入した携帯は、近くのショップで受け取ることもできますが、ご自宅や勤務先への発送も可能です。勿論、日本全国どこでも送料は無料!

 

■メリット4 素早く契約ができる

店舗で機種変更をお願いすると、1時間以上待たされるなんてことはざらにあります。

土日などの繁忙期の夕方にソフトバンクのショップへ行ってみると、今日の受付は終了、なんて言われた方もいらっしゃるのではないでしょうか。機種変更の受付をしてから更に手続きにまた1時間、新しい携帯を受け取るころには、もヘトヘトです。

オンラインショップでは、この時間を大幅に短縮することが出来ます。ソフトバンクオンラインショップでスマホに機種変更する場合は待ち時間なしで、手続きも数分から数十分で完了しますので、仕事などで多忙な方は機種変更もオンライン購入で自宅受け取りがおすすめです。

機種変更時には、お客様に説明しなくてはならない項目が決められています。そのため、接客がスムーズなベテランのスタッフが対応しても、ある一定の時間はかかります。 また、前述のオプションや周辺機器についての営業をかけてくる場合もありますので注意が必要です。オンラインショップではそういった無駄が一切ありません。

ソフトバンクオンラインショップなら、勿論、日本全国どこでも送料が無料です。

 

■メリット5 在庫が豊富

ソフトバンク直轄ですので在庫も豊富です。ショップで、色々比較をして決めたあげく、店員さんに「今、在庫が切れているので入荷日をお調べします」なんて言われたことはありませんか?せっかく手続きに来たのに今すぐ欲しい、それとも第二候補でガマンする?そんなジレンマも解消です。また、ソフトバンクオンラインショップでは、限定でアウトレット商品も掲載されていますので、チェックしてください。新機種の案内やおススメ機種の紹介もされていて、ここにもソフトバンクオンラインショップを活用して機種変更するメリットはあります。

オンラインショップのデメリットに、実機を触ることができないことが挙げられます。実店舗と違い、実際のサイズ感や本体のボディの色身をチェックすることが出来ませんので、事前に量販店や、ソフトバンクショップ等でチェックしておくことをお勧めします。

ソフトバンクオンラインショップでの機種変更の流れ

pointオンラインショップでのソフトバンクのiPhoneやAndroidの機種変更手続きは以下のように行います。とっても簡単ですので、「ネットで機種変更するのは自信が無い・・・」なんて方も、一度トライしてみてください。

ソフトバンクオンラインショップへアクセス

②「購入する機器を探す」から、スマートフォンを選択

③購入を希望する機種を選択

④お申込み種別【機種変更・新規・のりかえ】から、「機種変更」を選択

受け取り方法【店頭・自宅へ発送】から、希望の方法を選択

画面に、実費負担金が表示されます。

⑤希望する色を選択

⑥My Softbankへのログイン要求画面となります。ご自分の携帯電話番号とパスワードを入力

 

ポイント2:機種変更のキャンペーンを活用

札束

ソフトバンクでiPhoneやAndroidに機種変更する場合にも、様々なキャンペーンが用意されています。知っているかどうかで、機種代金やこれからの月々の携帯料金が変わってきますよ。

【スマホへ無料交換プログラム】

ソフトバンクのケータイを12ヵ月以上ご利用中のお客さまが、対象のスマートフォンに無料で交換できるプログラムです。

【機種変更先取りプログラム】

ソフトバンクで対象機種のご購入時にご加入いただき、18ヵ月間ご利用いただいたお客さまが次の機種変更をする際に、最大7ヵ月分の旧機種残債を免除するおトクなプログラムです。

【新Wi-Fiセット割り】

ソフトバンクのPocket Wi-Fiとスマートフォンをセットでご利用いただいた場合、スマホ代がずっと1008円割引になります。

また、アマゾンのギフト券4000円分が進呈される期間限定のクリアランスキャンペーンも開催されていることがあります。機種も限定されていますが、これを活用できれば大変お得にソフトバンクでの機種変更ができますね。

 

ポイント3:MNP引き止めポイントを貰おう

待って

引き止めポイントって何?と思われる方も多いのでは?

これは、都市伝説のように囁かれ続けている非公式のポイントで、他社にMNP(乗り換え)するとソフトバンクのオペレーターに伝えることで、他社への流出を思いとどまってもらうために発行してくれる「機種変更に使える割引ポイント」のことです。

最大3万円分とも言われる引き止めポイントを獲得できれば、これからの料金の大幅ダウンにつながります!

■なぜ引き止めポイントがもらえるのか

日本の携帯とPHSの契約台数は、2016年3月末現在で約1億6千万台。これは、日本の総人口の123.1%にあたるものです。このような環境で各携帯会社が勝ち残っていくには、他社のユーザーを獲得し、自社のユーザーを減らさないことで、シェア率をあげることが必要です。

2016年3月末現在、携帯各社のシェア率は、以下の通りです。

NTTドコモ:45.4%

KDDI(au):29.3%

ソフトバンクモバイル:25.3%

ここ数年の推移を見ると、この3社のシェア率による入れ替えはありません。しかし、5年前(2011年)ドコモは49.1%のシェア率でしたが、iPhoneの取扱を行わなかったため、徐々に数値を下げ、2014年には45.0%となってしまいました。その間大きくシェア率を伸ばしたのがソフトバンクです。22.8%から25.8%と3ポイントアップしたのです。しかし、現在ではドコモもiPhoneの販売を始め、徐々に盛り返している最中であり、ここ2年間、ソフトバンクはその分シェア率を落としてしまっています。

このような状況では、各社共にユーザーの流出と囲い込みに躍起になるのは仕方がないと、また、MNPを促進するキャンペーンが手厚く行われるのも理解できますね。また、自社の契約を流出させないために、他社へ鞍替えしそうなユーザーを対象に自社での機種変更を促進するために「引き止めポイント」を発行するのも、このような事情があってでのことなのです。

■実際に引き止めポイントってあるの?

公にはなりませんが、ソフトバンクから他社への乗り換えを防ぐための「引き止めポイント」は存在します。最大3万円もお得になると聞けば、興味が湧きますね。

■どうやってMNP引き止めポイントを獲得するの?

まず、MNP予約番号の発行をソフトバンクの携帯電話番号ポータビリティ(MNP)お問い合わせ窓口に依頼します。予約番号とは、乗り換えに必ず必要になる番号で、これを取得しなければMNPは出来ません。すると、契約年数などに応じてオペレーターから「引き止めポイント」の提示される場合があるそうです。

ソフトバンクのセンターへ問い合わせをする時には、あくまでも自分の気持ちの上では「他社に乗り換えるつもり」と思い込むことも必要です。自信をもって「MNP予約番号の発行をお願いします」とだけしっかり伝えましょう。「他社への乗り換えであれば、3万円程度キャッシュバックが出るみたいなので乗り換えた方がお得」とあなた自身が確信している雰囲気を伝えることです。

具体的には、次のような流れになります。

①ソフトバンクの携帯電話番号ポータビリティ(MNP)お問い合わせ窓口に電話をする。

ソフトバンク携帯電話からは *5533、フリーコールは 0800-100-5533です。

②オペレーターに「MNP予約番号の発行をしてほしい」と伝える。

③「差し支えなければ、どの携帯会社に提出されるのか教えてください」と聞かれるので「ドコモ」、もしくは「au」と答える。

④理由も聞かれたら、「●●に乗り換えたら、キャッシュバックが沢山あると聞いたので」と伝えてください。

⑤MNP転出手数料の案内がされて、予約番号発行手続きを行っていいかどうか確認がされます。ここでひるまずMNPに向かう気持ちを表すのがポイントです。引き止めポイントの案内のタイミングはこの時点が多いと言われています。

一度目の問い合わせでは、引き止めポイントの提案が無くても、再度ソフトバンクへ連絡をしてみると「●万円分のポイントを付けますから、なんとかソフトバンクで機種変更をしてください!」と言われたケースもあるそうです。問い合わせのデータは保管されているので、あまり頻繁にかけるのも気まずいですが、2回くらいはチャレンジしてもいいように思います。

 

万一、引き止めポイントのオファーが無くても大丈夫。MNP予約番号の有効期間は2週間で、実際にドコモやauへ行ってMNPを行わなければ転出手数料の請求もありません。機種変更をすることが決まったら、ダメ元ではありますが一度トライする価値はあるのではないでしょうか。

もし、ラッキーなことに引き止めポイントの提示がされた場合は、「ありがとうございます。では、ソフトバンクで機種変更をするようにします」とオペレーターへ伝えればOK。手に入れた引き止めポイントには、有効期限がありますので、機種変更の手続きはお早めにどうぞ。

まとめ

ふーむ

以上、お得にソフトバンクに機種変更をする方法をご案内しました。順序だててまとめると、以下のようになります。

①ソフトバンクショップや量販店等の実店舗で、機種変更したい機種を決める

自分で見るだけなら、待ち時間も混雑も関係ありませんね。

②ソフトバンクホームページ等でキャンペーンをチェックする

様々なキャンペーンを活用して、キャッシュバックや月々の料金を安くする。そのためには情報収集が必須!

③携帯電話番号ポータビリティ(MNP)お問い合わせ窓口へ電話をして、引き止めポイントの獲得ができないかどうか挑戦する。これこそ裏ワザ!出来るだけ多くのポイントをゲットしましょう。

ソフトバンクオンラインショップで機種変更の手続きをする

契約時間の短縮、郵送でらくらく受取、24時間申し込み可能、不要なオプションを拒否。在庫も豊富なので機種変更も安心です。

ソフトバンクのスマホに機種変更する際に参考にしてみてください。

【ソフトバンクのiPhone7、スマホを購入したい方はこちら】
【auのiPhone7、スマホを購入したい方はこちら】
【ドコモのiPhone7、スマホを購入したい方はこちら】

販売店比較早見表

キャッシュバック金額の目安

                                           詳細

おとくケータイ.net

20,000〜50,000円(最高額を保証してくれます)

  • オンライン完結でテナント費がない分、キャッシュバック金額が大きい
  • webだけではなく電話やメールで相談もできるので安心
  • キャッシュバック最高額を保証してくれる
  • ソフトバンクに乗り換えるなら最もお得

ソフトバンクオンラインショップ

ドコモオンラインショップ

au Online Shop

キャリア公式オンラインショップ

0〜20,000円

  • 各キャリア公式のためiPhone7含め人気機種の在庫が豊富
  • 24時間対応でオンライン完結のため時間をとられない
  • オンラインショップ限定キャンペーンもあり、プランも自由に選べるため料金を安くできる
  • キャリアを乗り換えない機種変更なら一番お得

モバワン, カメラのキタムラなど

併売店

0〜20,000円

  • 端末を下取りに出さないとキャッシュバックがないなど条件がある
  • 有料オプションに加入させられる場合が多い
  • 店舗によって条件が大きく異なる

ヤマダ電機, ビックカメラなど

家電量販店

0〜20,000円

  • ケースや保護フィルムなどアクセサリが豊富
  • キャッシュバックは現金ではなくポイントの場合が多い
  • 店員や交渉力に左右される

ソフトバンクショップ, auショップ, ドコモショップ

専売店

0〜20,000円

  • 不要なオプション加入など営業をされる
  • キャッシュバックは出ない場合が多い
  • 混雑しているため非常に時間がかかることがある
  • 店員の質にばらつきがある