ソフトバンクのスマホ料金節約術、見直すべき基本の3つ

  • Pocket

高額キャッシュバック

スマホは便利だけど、月々の支払いが7000円から10000円もかかって無駄に感じていませんか?

今回は、ソフトバンクのスマホ料金を節約するための、見直すべき3つのことをご紹介します。家計に影響を与えるスマホ維持費を少しでも節約しましょう!

はじめに自身のスマホ使用状況を確認しよう!

まずはじめに、スマホを何に使っているのか確認しておきましょう。例えば、

  • 通話中心で、インターネットはメールやLINEくらいしか使わない。
  • 検索サイト、アプリなど基本はインターネット使用が中心。通話はスカイプやLINEを使用しているので通話機能はほぼ使わない。
  • 家のWiFi接続の時に思いっきりインターネットをするが、外出時はあまり使わない。通話もほとんどしない。
  • 仕事上、通話もインターネットもよく使う。WiFi環境下にいることが少ない。

など、使用状況を確認しておくことで、データ定額プランや通話プランを見直すことができます。使っていないのに無駄に払っているのではもったいないですよね。

現在の契約プランと使用状況を比べながら、具体的にカットできるところを探しましょう。契約プランがわからない方は、My softbankから調べることができます。

 

節約術その1:不要なオプションを外す

それでは、具体的に節約方法を見ていきます。

意外と多いのが不要な有料オプションを払い続けていることです。契約時に割引を受ける代わりに、一定期間のオプション加入が必須になっていて、加入した方も多いと思います。

最初の1ヶ月目や2ヶ月目までは無料なので、不必要な場合はあとでオプションを外してくださいと案内されたと思いますが、結局忘れたままで、オプション料金を払い続けているパターンがよくあります。

各オプション月300円程度かかってしまいますので、これが2つ3つとなると無駄な代金を払っていることになります。

加入している有料オプションを確認して、いらないものがあったらすぐに外しましょう。これだけでも随分な節約につながります。こちらもMy softbankから契約状況を確認することができます。

 

節約術その2:データ定額プランの変更

icon_softbank
ソフトバンクスマホの料金体系は次のようになっています。

「通話定額基本料」+「ウェブ使用料300円」+「データ定額サービス」の合計料金です。

その中で、データ定額サービスの部分を見てみましょう。現在のソフトバンクのデータ定額プランは次の通りです。

  • データ定額ミニ 1GB 2900円 *月々割は適用されません。
  • データ定額ミニ 2GB 3500円
  • データ定額 5GB   5000円
  • ギガモンスター
    データ定額 20GB  6000円
  • ギガモンスター
    データ定額 30GB  8000円
  • パケットし放題フラット
    for 4G       5700円 *ホワイトプランのみ選択可
  • パケットし放題
    for 4G        2000円〜6200円 *ホワイトプランのみ選択可

 

ほとんどの方が2GBか5GBあたりのプランを選択していると思いますが、この2つの差額は1500円と非常に大きいです。

メールやLINE、ちょっとしたインターネット検索しか使わない方は、2GBあれは十分対応できると思います。

使っていないのに、多めのデータ容量で契約しているのは非常にもったいないです。

また、自宅、会社などWiFi環境下でのネット利用が多い方も多めのデータプランで契約しているかもしれないので、確認しましょう。最近は登録すれば無料でWiFiが使用できるスポットがたくさんあるので、それも活用すれば、データ使用料の節約、すなわちデータ定額プランの節約につながります。

街中の無料WiFiスポット

  • スターバックス メールアドレスとパスワード入力のみで使用可
  • ファミマ 1日20分×3回まで無料 メールアドレス、パスワード、性別入力のみで使用可
  • セブンスポット メールアドレス、パスワード、性別、誕生年入力で使用可
  • ローソンWiFi Ponta会員登録、ローソン公式アプリが必要

 

 

節約術その3:通話し放題プラン

続いて、通話定額基本料について見てみましょう。スマホの通話プランは次の3通りです。

  • スマ放題    2700円 24時間すべての国内通話がし放題
  • スマ放題ライト 1700円 1回5分以内のすべての国内通話が無料
  • ホワイトプラン 934円  ソフトバンク同士なら午前1時から午後9時まで通話無料

 

通話をよくする方は、スマ放題を選択するのが一番お得ですが、あまり通話をしない方は見直しが必要です。ほとんど通話しないのに、スマ放題はもったいないですよね。

ソフトバンクには、以前からある基本料金プランのホワイトプランが選択できます。ソフトバンク同士なら午前1時から午後9時まで通話無料になるプランです。周りにソフトバンクユーザーが多く、通話時間も無料時間帯にしかかけない、無料通話アプリなどを利用しているなどの方は、ホワイトプランがお得になります。

ホワイトプランを選択した場合、データ定額プランは、「パケットし放題フラット for 4G」または「パケットし放題 for 4G」のどちらかの選択になります。

例えば、ホワイトプランで、インターネットはWiFi接続がほとんどという方は、データプランをデータ使用量に応じて料金が変化する「パケットし放題 for 4G」を選択すると、

ホワイトプラン1009円+ウェブ使用料324円+パケットし放題 for 4G 2160円で合計3493円で運用が可能になります。

ただし、パケットし放題 for 4Gプランは15.5MB使用した時点で最大の6,696円に上がっていましますので、WiFi接続しないとかえって高くなってしまいます。

またホワイトプランの注意点としては、スマ放題からホワイトプランに変更する場合は2年契約解除料9500円がかかりますのでご注意ください。逆のホワイトプランからスマ放題への変更は解除料はかかりません。

 

まとめ

見直すべき3つのことをご紹介しましたが、いかがでしょうか?

普段の使用環境や、通話やネットの使用量によって、うまく組み合わせれば節約することが可能です。

ソフトバンクショップに行って、店員さんに相談すれば、最適な料金プランを提案してくれますので、結局どう組み合わせて節約すればいいかわからない方は、相談するしてみるのも一つの方法です。

定期的に見直すことで、少しでも節約ができますので、ぜひご参考にしてください。

 

【ソフトバンク携帯のりかえでどこよりも高いキャッシュバックを保証します!】
【ソフトバンクのiPhone7、スマホを購入したい方はこちら】
【auのiPhone7、スマホを購入したい方はこちら】
【ドコモのiPhone7、スマホを購入したい方はこちら】

販売店比較早見表

キャッシュバック金額の目安

                                           詳細

おとくケータイ.net

20,000〜50,000円(最高額を保証してくれます)

  • オンライン完結でテナント費がない分、キャッシュバック金額が大きい
  • webだけではなく電話やメールで相談もできるので安心
  • キャッシュバック最高額を保証してくれる
  • ソフトバンクに乗り換えるなら最もお得

ソフトバンクオンラインショップ

ドコモオンラインショップ

au Online Shop

キャリア公式オンラインショップ

0〜20,000円

  • 各キャリア公式のためiPhone7含め人気機種の在庫が豊富
  • 24時間対応でオンライン完結のため時間をとられない
  • オンラインショップ限定キャンペーンもあり、プランも自由に選べるため料金を安くできる
  • キャリアを乗り換えない機種変更なら一番お得

モバワン, カメラのキタムラなど

併売店

0〜20,000円

  • 端末を下取りに出さないとキャッシュバックがないなど条件がある
  • 有料オプションに加入させられる場合が多い
  • 店舗によって条件が大きく異なる

ヤマダ電機, ビックカメラなど

家電量販店

0〜20,000円

  • ケースや保護フィルムなどアクセサリが豊富
  • キャッシュバックは現金ではなくポイントの場合が多い
  • 店員や交渉力に左右される

ソフトバンクショップ, auショップ, ドコモショップ

専売店

0〜20,000円

  • 不要なオプション加入など営業をされる
  • キャッシュバックは出ない場合が多い
  • 混雑しているため非常に時間がかかることがある
  • 店員の質にばらつきがある
  • Pocket